関東装蹄師会
文字を大きく  文字標準サイズ
お知らせ・最新情報

2017.12.17

第21回 関東装蹄師会・馬学講座開催のお知らせ

恒例の馬学講座が今年も下記のとおり開催されます。
昨年に続き、今回も青木先生と、お弟子さんの富山先生のコラボ講演会。馬仲間を誘って是非ご参加ください。
■富山拓磨先生:「愛馬の改装時期の目安と改装遅延のリスク」
■青木 修先生:「後肢の動きはオートメーション! −エンゲージメントの秘密ー」


日 程:平成30年1月28日(日)15〜18時(講演終了後・懇親会)
会 場:グリーンアカデミーホール(東京農業大学校友会館)3階
所在地:東京都世田谷区桜丘3−9−31
連絡先:TEL 03‐3429‐1983
参加費:3,000円(懇親会費込み)
お問合せ:関東装蹄師会事務局 TEL 090‐4675‐1801(平野)まで
詳細はこちらのページ(PDF)をご覧下さい。

2016.12.8

第20回 関東装蹄師会・馬学講座開催のお知らせ

日時:平成29年1月22日(日曜日)15:00 〜 18:00 講演後、懇親会。
場所:東京農業大学グリーンアカデミー3階ホール
会費:一般 3,000円(懇親会費含む)学生 1,000円

@富山 拓磨先生(日本装削蹄協会)「ウマの歩行運動を理解するためのアレコレ」
A青木 修先生(日本装削蹄協会・理事)「脱力と強大プレスの繰り返し!−ウマの下肢部の動きのメカニズムー」

詳細はこちらのページ(PDF)をご覧下さい。

2015.12.20

第19回馬学講座 開催のおしらせ

恒例の《関東装蹄師会 馬学講座》が今回(来春1月11日)も開催されます。
講演テーマは2つ。馬のことをもっと知りたい方、是非ご参加ください。
「馬を知りたい」「馬が大好き」「馬に興味がある」そのような方でしたらどなたでも大歓迎です。
参加予約は不要です。
@PART1 「楽しきかな!馬のバイメカ研究」 日本装削蹄協会 青木修
APART2 「シゲの“馬の健康よろず相談室”」 大和高原動物診療所 斉藤重彰

詳細はこちらのページをご覧下さい。

2014.10.29

第18回馬学講座 開催のおしらせ

恒例の《関東装蹄師会 馬学講座》が今回(来春1月18日)も開催されます。
講演テーマは2つ。馬のことをもっと知りたい方、是非ご参加ください。
@Dr.シゲの“馬の健康よろず相談室” 大和高原動物診療所 齋藤重彰
Aホッピング動作と後肢の駆動力 ―筋力というより弾発力― 日本装削蹄協会 青木 修

詳細はこちらのページをご覧下さい。

2013.10.20

第17回馬学講座 開催のおしらせ

恒例の《関東装蹄師会 馬学講座》が今年も開催されます。
講演テーマは2つ。馬のことをもっと知りたい方、是非ご参加ください。
@シマウマにはなぜ乗らないのか ―家畜化ということ―/楠瀬 良(日本装削蹄協会)
Aヒトはなぜウマに乗ったのか ―バイオメカニクスからの考察―/青木 修(日本装削蹄協会)

ブログの開設

ブログを開設致しました!こちらをクリックしてご覧下さい。

2012.11.14

第16回馬学講座 開催のおしらせ

恒例の《関東装蹄師会 馬学講座》が今年も開催されます。
講演テーマは2つ。馬のことをもっと知りたい方、是非ご参加ください。
@馬の行動にみられる性差/楠瀬 良(日本装削蹄協会)
A“馬”を守る−常歩のすすめ−/青木 修(日本装削蹄協会)

2012.1.31

ホームページリニューアル

ホームページのデザインを全面的にリニューアルしました。

平野大純選手

2011.1

新チャンピオン誕生!!
第6回 関東・クレイン装蹄師会合同競技大会

既に毎年の恒例行事となった関東装蹄師会とクレイン装蹄師会の合同装蹄競技大会! 平成22年の第6回大会では、我らが関東装蹄師会の平野大純選手が見事初優勝!新たなチャンピオンが誕生しました。


2009.1

装蹄技術向上研修会開催

関東装蹄師会では、加盟している装蹄師(正会員)と共に装蹄について学びたいという個人や企業(賛助会員)を対象とした技術向上研修会を毎年開催しています。
この研修会では、学問と実技の両面の向上を目的として、毎年異なるテーマを本会の会員要望や意思をもとに決定して開催しています。
2009年の研修会では、近年、釘による蹄鉄の装着以外にも接着剤を使用する等、新たな装蹄法が登場する中、 JRAの職員が行った研究「蹄機作用の実態」をもとに、質疑や意見交換を行ないながら、現場への研究成果の導入に向けて等の議論が展開されました。



ブログ更新速報

CONTENTS
ブログ


管理

▲PAGE TOP